葉酸は授乳期にも必須の栄養素

葉酸と聞くと、妊婦さんが摂取する栄養素だと思っていませんか?

 

たしかに、晴れて妊娠すると、産婦人科でたくさんの葉酸に関するパンフレットを頂きます。そして、特に妊娠初期には葉酸を摂取するよう薦められると思います。葉酸はママのお腹に中にいる胎児の神経系の発達を促す働きがあります。

 

そして、先天的に起こる神経系の病気の発生を予防することも出来ます。しかし、この葉酸、妊娠初期から中期にかけては積極的に摂取されていますが、妊娠後期、出産後になると、ほとんどの方が葉酸の摂取をやめてしまうそうです。

 

赤ちゃん

 

授乳期こそ葉酸が必要です

 

実は、葉酸は、実は授乳期こそ必要な栄養素だということが分かっています。

 

母乳で赤ちゃんを育てたいと思っているママには、産後もしかりと摂取してほしい栄養素なんです。それは胎児の時と同じように、葉酸が赤ちゃんの細胞分裂を促す働きがあるのです。

 

ですから、葉酸が不足してしまうと赤ちゃんの成長が遅れてしまいます。そして、ママのお腹から出た赤ちゃんは、母乳を介して葉酸を摂取するしかありません。授乳中のママこそ、葉酸を摂取する必要があります。

 

葉酸はママを助けてくれる

 

授乳期には貧血で悩まれる方も多いです。この貧血を予防する為にも葉酸は効果を発揮します。葉酸が不足してしまうと、血液中の赤血球を作ることが出来なくなってしまうのです。葉酸には良質な血液を作ることが出来ます。そして、出産でダメージを受けた子宮の回復を助けてくれる働きもあります。

 

葉酸は、妊婦さんだけでなく授乳期まで必要な栄養素です。子どもとママの健康を守ってくれる栄養素なのでしっかり摂取しましょう。

 

美的ヌーボ