トマトで肌を美しく保ち、免疫力も向上することができる

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉を一度は聞いた事がありませんか?

 

お医者さんも真っ青になる位、沢山の栄養が詰まっている真っ赤なトマトという意味ですが、トマトを食べると一体どのような効果を得る事ができるのでしょうか。

 

トマトには、ビタミンやカリウム、リコピンやリノール酸が豊富に含まれています。まず、ビタミンには肌を美しく保ち、免疫力を向上させて風邪をひきにくくする効果があります。カリウムは無駄な塩分を排出してくれるので、高血圧の予防、改善にも一役買ってくれます。食物繊維も豊富に含まれていますから、便秘にも効果があります。そして、トマトの栄養素の中で今一番注目されているのがリコピンです。

 

抗酸化作用で紫外線を予防して、美白効果をもたらし、シワやたるみの予防までしてくれる、まさに女性の味方といえる栄養素です。また、リコピンは肝臓でアルコールが分解される際に発生する有害物質であるアセトアルデヒドの働きを抑制します。この力により、二日酔いを予防したり、二日酔いになってしまった時に摂取することにより、早く症状を改善することまでできてしまうんです。そしてもう一つの注目の栄養素であるリノール酸には、なんと脂肪燃焼効果があることが確認されました。

 

ただ、このリノール酸は酸化しやすく熱に弱いという性質がある為、加熱してトマトを摂取する場合はあまり効果を期待出来ません。効率よくリノール酸を摂取したければ、生でそのままトマトを食べるか、トマトジュースを飲むのがおすすめです。トマトは色んな品種があり、まるで果物の様に甘い品種もありますし、低カロリーで、プチトマトであれば包丁も使わず洗うだけで気軽に食べられるので、気軽に毎日食べる事ができます。食物繊維やミネラルも、通常のトマトよりプチトマトの方が豊富ですからおすすめです。

 

この様にトマトには、私達の健康や美容にとても良い栄養素を豊富に含む野菜だということが分かります。