大根の葉は美容と健康に効果があるので捨てないように

大根の葉を捨てていませんか?実はこの大根の葉は美容に効果がある他健康効果が期待できるのです。

 

肌を美しくキープするビタミンC

 

肌荒れはオイリー肌、ドライ肌にかかわらずに起こります。肌荒れを予防するためにはまず十分な睡眠とバランスの取れた栄養が必要ですが、便秘をなくしてストレスを溜めない事も大事です。大根は根・葉ともに肌を美しくキープするビタミンCがたくさん入っています。

 

また、ジアスターゼをはじめとしたいろいろな消化酵素を含んでいます。胃のもたれや消化不良などは肌の大敵です。ジアスターゼなどの酵素類には解毒効果もあり焼き魚の焦げにある、トリプトP1などの発がん物質を無毒化する働きがあります。中でも肌に悪影響なのは便秘です。その点大根にはセルロースやペクチンなどの食物繊維もたくさん入っていますから便秘に優れた効果を発揮します。加えてリグニンと言われる食物繊維を多く含みガン細胞の発生を抑えます。

 

大根役者

 

演技が下手な役者の事を大根役者と言いますよね。これは大根の優れた消化作用と解毒作用によるものです。大根をたくさん食べていたらお腹を壊す事がない。つまりは当たったためしがない、という事からきた言葉とされています。さて大根の葉は立派な緑黄色野菜です。

 

実は根の部分以上に肌に効果的な栄養素をたくさん含んでいるのです。特にビタミンC、カリウム、βーカロテン、ビタミンPなどがたくさん入っています。ビタミンPとはあまり聞かないかもしれませんが、毛細血管を柔軟に保って皮膚に栄養を運ぶ大事な役割を持っています。ちなみにカイワレ大根は大根の若い双葉の事です。ビタミンCや鉄、カルシウムを豊富に含んでいることに加えて、これらの栄養分は吸収されやすい性質があります。

 

下痢にも効果的

 

大根の葉は古くから健胃作用があり消化に良い事が知られていました。ですから、食べ物が消化されずに胃に停滞してお腹が張った時や、胃液がこみ上げてきて吐き気がする時、下痢の後の腹痛にも効果的とされていたのです。大根の葉を捨てる人は多いかもしれませんが、体にも美容にも良いので捨てずに使うようにしましょう。